初めて掴み食べが出来た日


息子は、離乳食の本などに書いてある通り、5ヶ月から離乳食を始めました。

最初こそうまく口の中に入れられなかったり、初めての食材を嫌がったりということもありましたが、基本的にはなんでも食べてくれて、量も問題なく増えていきました。

うまくいかないな、と思い始めたのが、掴み食べの練習を始めてからです。本には、9ヶ月から始める、とありました。野菜スティックや食パンなど、掴みやすくて食べやすいものを選んで用意しました。

まず手を伸ばそうとしない、というのは、まあそんなものだろうな、と思いました。食材を手掴みしたことがないのだから、やろうとしないのは当然です。

目の前で食べてみたり、こちらの手で食べさせたり、ということを繰り返して、だんだんと「これは食べ物だ」と認識してくれるところまではいきました。

それでも、手を伸ばすようになり、それをうまく掴めるようになっても、口に運ぶというのはなかなかできませんでした。

おそらく息子の中では「ごはんは食べさせてもらうもの」という認識があり、わざわざ掴んだパンや野菜をこちらに手渡しして、食べさせてと言わんばかりに口をあけていました。

その期間が、4か月以上も続き、もうこの子は一生自分で食べないのではないだろうか、という気にさえなりました。

結局、息子が手に掴んだパンを食べてみせたのは、1歳をすぎてからです。繰り返し教えたことが実を結んだのか、やっと自分で食べたほうが早いと気がついたのかはわかりませんが、自分で食べてみせた息子はとても誇らしげで可愛くて、頑張った甲斐があったと心から思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。