オシャレで見やすくわかりやすいホームページの作り方

Posted on 22 of 2月, 2016 by

HTMLでのホームページの作り方

ホームページは今や専用のソフトでHTMLの知識がなくても専用のソフトで簡単に作れるようになりました。しかしHTMLを一から勉強した自分としてはメモ帳などのエディタソフトから、いちから手打ちで作る楽しさというのもあります。しかしこれの欠点問題はしばらくホームページの管理から離れていると、かなりのタグを忘れてしまっているので頻繁にHTMLのかかわっていないと訳が分からなくなってしまうということです。そう考えるとやはりホームページ作成ソフトの存在はありがたいものです。

見る人にわかりやすいホームページの作り方

自分がホームページを作る際に一番気を使っているのは、見た目の派手さというよりはとにかくホームページを訪れてくれる方に見やすくわかりやすいページを作ることです。自分の感想として今世にあるホームページはとにかく字が小さく見ずらいホームページが多いということです。しかも目的の情報を得るページに行くのに、どこからいけばいいのか非常に分かりずらいというのも多い気がします。なので自分でホームページを作るときはとにかく字が大きく統一性を持ったページを作ることを心がけています。

目にやさしいホームページの作り方

ホームページはなるべく訪れる方が、長時間見ることを前提にして作りたいので文字や背景の色は目に優しい色にすることを心がけています。ホームページの見た目の装飾はCSSで管理するのが一番です。HTMLに文字や背景の色指定をしてしまうと、いざ文字や背景の色を変えたいときすべてのページのHTMLを変更しないといけないからです。その点CSSだと1ページだけの変更だけで全ページの文字や背景の色が変えられるので、大変便利なのです。

ホームページ作成は難しいとかサーバー設置とかでお金がかかるとか思ってる人が大半ですが、普通にブログ感覚で作成する事ができます。