新入社員を育成する研修の方法で知っておきたいこと

Posted on 21 of 2月, 2016 by

新入社員には研修が必要です

新入社員が入社したら、まずは研修を行うことになります。ビジネスマナーや業務の知識など色々と教えることはあります。やる事は多いので、いかに効率良く進めるかが大事なことです。まず社内研修で会社の経営理念などを教えることになります。そして社会人として必要なビジネスマナーを教えることになります。一般的なビジネスマナーは社外研修で行うと、効率良く教育を行うことができます。教育のプロが社会で通用するスキルを教えてくれるわけです。

社内研修の利点は何か?

新入社員を社内研修で教育する利点は、日常業務に則した教育を行うことですぐに実践に役立てることができる点です。必要なノウハウをそのまま伝えることができるので、無駄を省いて最短で教えることができるわけですね。また会社のカラーというものを次の世代に伝えることにもなります。企業理念とも呼ばれますが、長く受け継がれた良い面をそのまま活かすことができるわけです。その結果、帰属意識を高めることにもつながっていきます。

社外研修にはどんな利点があるのか?

一方で新入社員を社内研修で教育することには、世間一般で通用するビジネススキルを教える利点があります。会社には良い意味でも悪い意味でもカラーというものがあります。場合によっては一般的なビジネスマナーという点で不足するものがあるかもしれません。それを外部の委託研修を利用することで教育することができるわけです。さらに、社会人として学ぶ基盤を作ることができます。日常の業務を通して、課題発見や問題解決能力を身に受けることによって、自分で自分自身を向上させることができるようになります。

社員研修には、新人研修とステップアップ研修の2つがありますが、どちらにも共通していえるのは、会社の役にたつためということなのです。